日本代表は7日、キリンチャレンジカップでシリア代表と1-1と引き分けた。シリア代表のアイマン・ハキーム監督は、日本がイラク戦に向けて良い準備ができたのではないかと話している。

 13日に行われるロシアワールドカップ・シアリス 通販アジア最終予選で日本代表はイラクと対戦する。シリア代表とのテストマッチは、仮想イラクという意味合いが強かった。

 ハキーム監督は、日本とイラクについて「客観的に見て日本が上」と分析。「ただし、相手も強い」としながらも、「プレーの仕方や戦術を勉強しなければならない。それで勝つことができる」と述べた。

 さらに同指揮官は、「シリアとイラクのプレーは似ていると思う。アラブのサッカーは似ていることが多いので、日本にとっては勉強になったのではないかと思う」と語っている。

 後半はシリアのペースが落ちたようにも見えたが、ハキーム監督は「3日前にオマーン戦を終えたばかりで、ラマダン中でもある」威哥王と話し、ある程度は仕方ないと考えている様子だ。そのうえで、「日本という強大な相手との戦いだった。世界的に有名な選手たちとの戦いは疲れる。ただ、選手たちのパフォーマンスには満足している」と振り返った。

 シリアから見て、日本戦は8連敗中だった。今回は34年ぶりのドローとなっている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-08 (木) 16:36:34 (1893d)