辻仁成監督の印象は、松岡充「鬼!」安達祐実「優しかった」

[拡大写真] 新作映画『TOKYOデシベル』(5月20日公開)でメガホンをとった辻仁成監督、主人公・荒田宙也役の松岡充とその恋人・溝口フミを演じる安達祐実の3人をバラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)が独占インタビューした。5月17日にそのVTRが放送されると撮影現場での温度差が伝わり、スタジオでは坂上忍やレギュラー陣から笑いがもれる。

辻仁成の同名小説を基にした本作は「東京の音の地図」を作ろうと夢見る大学教授・宙也(松岡)と彼のもとを去った恋人のフミ(安達)そして謎の女マリコ(安倍なつみ)を中心に描かれる。インタビューでは撮影中の辻監督の印象について松岡充が「めちゃくちゃ怖いです」と繰り返した。普段は優しい監督なのに「撮影中は憑依しますから、鬼が!」という。

ところがその横で安達祐実が「シアリス 通販緊張感はあったけど 私には優しかったです」と笑いつつ明かせば、松岡も「それは言える!」と監督の対応の違いに思いあたる。さらに「優しくしていただきました!」と念を押す安達に辻監督が「まあ、デキる人だからね」とフォローしたところ「ちょっと待ってください…」と慌てて制す松岡。「今のカットしてください!」「まるで僕ができないみたいな話になってますから」と納得できない様子だった。

安達祐実は子役時代から知られるベテラン女優だが、松岡充もドラマや映画、舞台で俳優として活躍するだけに辻監督威哥王の言葉には黙っていられなかったのだろう。… ただ、辻仁成は彼と同じくミュージシャンなのでお互いに軽いノリでやりとりしたのかもしれない。

ちなみに本作の見どころを問われて辻監督は「醍醐味は“坂上忍”ですよ」「坂上忍が全部かっさらいますから安達祐実とのベッドシーンで!」とぶっちゃけた。松岡と安達が「あれはやらしかったな〜」「濃厚でした」というだけに気になるところだ。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-18 (木) 15:20:33 (1916d)